紫外線から肌を守る

紫外線が肌の大敵であることは知られています。紫外線を浴び続けると肌の老化が進んでシミやシワなどの原因になります。1度紫外線によるダメージを受けてしまうとなか中々元に戻りません。日頃から紫外線対策をきちんとして肌を守りたいものです。

日光を浴びると紫外線から肌を守るためにメラニン色素が作られ日焼けが起こります。メラニン色素は肌の代謝により排泄されます。年を取って肌の代謝が遅くなるとメラニン色素が肌に残ってシミになるのです。また、紫外線はコラーゲンを破壊したり、変質させるためシワやたるみの原因にもなるのです。肌の老化には浴びてきた紫外線の総量が関係します。紫外線によるダメージが蓄積され、許容量を超えるとシミなどができ始めます。

紫外線を浴びないようにするために日常生活上の注意点がいくつかあります。1つめは紫外線対策ををせずに外出することです。たとえ短時間でも紫外線を浴びると肌の老化が進みます。2つめは自宅内で素顔で過ごすことです。紫外線にはガラスを通り越す性質があります。室内にいても日焼けをするのです。3つめは曇りだからといって日焼け止めを塗らないことです。雲があっても紫外線は通り抜けてしまいます。

4つめは日焼け止めを塗り直さないことです。日焼け止めは汗をかいたり、汗を拭いたりすると落ちてしまいます。長時間屋外で過ごす時はこまめに日焼け止めを塗り直しましょう。日焼けをしないためには、常に紫外線を浴びることを想定して細かい対策をすることが必要です。