血糖値コントロールを担うインスリンについて

食事によって糖分を摂取すると、血糖値は上昇します。この血糖値は、いわば私たちの体を正常に働かせるためのエネルギーとも言えるものです。ただしだからと言ってその濃度が高ければ良いのかと言うと、決してそんなことはありません。血糖値が必要以上に高い状態は、いわばエネルギー過多とも言える状態であるため、それはそれで体に対して様々な影響が出てくることが懸念されます。そこで体の中では、血糖値を一定に保つ役割を果たすホルモンが分泌されています。血糖値のサイトでも詳しくかいてあります。

それがインスリンです。膵臓のランゲルハンス島のβ細胞と言う場所でのみ作られているインスリンは、食事によって血糖値が上がると素早く分泌され、血糖値を安定させるように働きます。ですからもし、インスリンの分泌がうまくいかなくなったり、その作用が著しく低下してしまうと、血糖値は常時、高くなりやすくなります。そしてこの状態が固定化されると、発症してしまうのが糖尿病です。インスリンに支障が出てくる原因としては、勿論、膵臓の疾病などが挙げられます。

しかし生活習慣病としての糖尿病の場合には、食べ過ぎや暴飲暴食、糖質の多い食事な戸を食べ過ぎることによるβ細胞への負担過多、またインスリンの作用低下が多いと言われています。特に日本人、アジア人は、欧米人に比べるとインスリンの分泌量が少ないため、こういったことが起こりやすいとされています。